眼精疲労におすすめなアイケア用品!効果や成分について知ろう

眼病予防に効くルテイン

目の疲れを取るビタミン

女性

近年は、仕事もパソコンを使った作業が多く、スマホも生活の一部となっているため、目は常にブルーライトに晒されています。
目の酷使は、眼精疲労や視力の低下、そのほか様々な目の疾患を引き起こす原因になりかねないため、しっかりアイケアをすることが大切です。
アイケアは、目薬を差したり、ホットタオルを目にのせたりするなど、外的な方法もありますが、目に優しい栄養分を補給して、目を労わる方法があります。
目に優しい栄養成分の代表格は、アントシアニンとルテインです。
アントシアニンはブルーベリーやサツマイモの含まれている成分で、抗酸化作用があり眼精疲労を回復してくれます。
ルテインは、ケールやブロッコリーなどに含まれ、水晶体や網膜の酸化を防ぎ、白内障や蚊飛症のような眼病を予防します。
そのほかにも、ビタミン全般は、疲れ目予防や老眼の抑制、水晶体や網膜の健康を保つのに高い効果があります。
しかし、これらの栄養素を毎日食事から摂るのは大変であるため、サプリメントで摂取するのが一般的です。
目に必要な栄養素が詰まったアイケアサプリも多く販売されており、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。
口コミでも、アイケアサプリを飲み始めてからは目の疲れを感じにくくなったなどの声も多く、目の健康習慣として続ける人が増えています。
アイケアは、早く始めるほど、眼病になるリスクも少なくなり、疲れ目による頭痛や肩こりも解消できます。
自分に出来ることから始めてみましょう。

目薬で目の保湿を

女の人

目は物を見るために重要ですが、その目に対しての脅威が存在します。
最も懸念しなければならないのが乾燥です。
近年では仕事がパソコン業務中心になり、液晶画面を見続けることが増えました。
液晶画面の光は目から水分を奪い去り、著しく乾燥させてしまいます。
液晶画面以外にも、コンタクトの着用など乾燥に繋がる要因が多く存在します。
そんな乾燥から目を守るために役立つのが目薬です。
目薬はアイケアの必需品と言っても過言ではありません。
今出回っている目薬は目の消毒だけでなく、保湿の効果も備えています。
コンタクトを付ける人は、着脱の際に目薬を付けることで、乾燥を予防することができます。
目はとても繊細であり、乾燥することによって網膜に傷が付くリスクが上がったりします。
環境の都合上、水分がなくなりやすくもあるため、アイケア用の目薬を一つは持っておくべきと言えます。
アイケア用の目薬は、誰でも使えて副作用がないことが魅力です。
とくに「誰でも」というのは大きく、子供のアイケア用品としても有用です。
コンタクトを付けている子供がいるのであれば、アイケアに困らないように買ってあげるといいでしょう。
手間がかからないことや、他の道具が必要ないこともメリットです。
パソコンを仕事で使う人が、一番アイケアが必要になるのは作業中です。
一息ついた時に片手間でケアができる目薬は重宝するでしょう。
大きさも小さく、持ち運びに困ることもありません。
目の乾燥が気になる人は、目薬を買いに行きましょう。

老眼を知り筋肉を鍛えよう

婦人

老眼の進行を予防するのに良いアイケアの方法は、眼輪筋という目の周りの筋肉をしっかり動かす運動が一番です。
眼輪筋というのは目の上下左右についている筋肉で、まぶたを動かしたり涙を循環させたりする重要な働きを持っています。
アイケアをする時、多くの人は目薬を差したり、目を閉じて安静にしたりしますが、実はしっかり動かすことも重要なアイケアの一つ。
特に眼輪筋は年齢と共にどんどん動きが悪くなるので、老眼だけでなくドライアイやシワなどのトラブルも引き起こします。
そもそも老眼は、水晶体が硬くなり、厚みを自由に変えられなくなることで起こります。
これは加齢に伴うことなのである程度は致し方ないことですが、老化を早める原因に血行不良が挙げられます。
目にはたくさんの血液が必要で、不要な物質を早く排除するためにも血行が欠かせません。
眼輪筋をしっかり動かすことで血行が良くなり、様々な面から目の健康を保つことが出来るのです。
アイケアに効果的なエクササイズはとてもシンプルで簡単なものばかり。
ポイントはとにかくしっかり眼輪筋を動かすことです。
まぶたをぎゅっと閉じてからパッと開ける運動や、眼球を上下左右に動かしてぐるぐると回す運動はとても効果的です。
何の道具も要りませんしどこにいても出来ることですが、実際にやってみると、随分長い間そんな動かし方をしていなかったことを実感するでしょう。
スマートフォンやパソコンのモニタなどを1日じゅう凝視している人は、是非今からでも始めたいエクササイズです。