眼精疲労におすすめなアイケア用品!効果や成分について知ろう

これから始める目元対策

正しいケアはこれ

婦人

アイケアは美容面でも健康面でもとても大事なケアです。
ご存知の通り、目の周りはとても薄い皮膚で覆われているため、乾燥しやすく傷みやすい部位ですよね。
顔全体の皮膚はさほど薄いわけではないのですが、目の周りだけは他の部位に比べて厚みが3分の1ほどしかなく、約0.5mmが平均だと言われています。
そんなデリケートな部位ですから、アイケアはとても重要です。
加齢による影響も現れやすいので、一定の年齢になったら年間を通じたアイケアの習慣を持ちたいですね。
これから本格的にアイケアを始めようとしているなら、まず乾燥対策からしっかり行うのがポイント。
目元がとても乾燥しやすい理由は、目の周りの皮膚に皮脂線と汗腺がないことが原因です。
肌は汗と皮脂とで天然のバリアを作れますが、目元ではそれが出来ないため、肌内部の水分が蒸散しやすいのですね。
だから目元には保湿をしっかりとすることが第一なのです。
普段アイメイクをする人は、メイクをする時に摩擦などの負担をかけないことも大事ですが、クレンジングを丁寧に優しく行い、その後にしっかり保湿ケアをしましょう。
コラーゲンやエラスチンなどを配合したクリームなどを使うと、エイジングケアにもぴったりです。
また、目の下にはクマも出来やすいですが、これは血行不良の他に紫外線によるダメージが蓄積されている場合があります。
薬用美白成分配合の美容液を使うと、巡りがスムーズになり明るい目元を取り戻すサポートになるでしょう。

若い方もケアが必要です

レディ

年齢を重ねるごとに視力が落ちたと感じる方もいますし、若い方の中にも目のトラブルに悩む方は多いです。
目のトラブルに悩む大きな原因として、スマートフォンを長時間使用する事が挙げられます。
スマートフォンで表示される字は小さいため、メールのチェックなど、小さい文字を長時間見続けることで、ピントが合いにくくなる方もいます。
アイケアを意識して、定期的に目を休ませる事も重要になるため、長時間、パソコンやスマホを使う方は、一時間に一分以上は目を閉じる事をおすすめします。
筋肉をほぐすことも大切なので、アイケア体操を行うことで、視力が回復する可能性があります。
簡単にアイケアができる方法を見つけたい方は、口コミ情報を集めて、使いやすいアイケアグッズを購入する事をおすすめします。
目をやさしく温めて、アイケアを行うのも大事なことなので、アイマスクの商品情報を集める事も大事なポイントです。
使い捨てタイプの簡単に使える商品もありますし、電子レンジで温めて、繰り返し使える商品も探せます。
家電製品の中にも、目もとのエステを体験するように、癒しを感じるアイケアグッズもあるため、愛用する方はたくさんいます。
目もとにスチームを届けて、保湿をするだけではなく、目もとを温める事もでき、仕事で疲れた目を職場での休憩時間や自宅で寝る前など、気になる時にすぐに使えます。
アイケアグッズを取り入れることで、リラックスできる時間を作れるため、注目です。

目のために意識すべきこと

ウーマン

加齢とともに悩まされるもののひとつに老眼があります。
早い人で40歳ぐらいから、その症状が出始めるようです。
老眼は眼球の水晶体が加齢によって硬くなり、その厚さを変えづらくなることにより、近くのものにピントを合わせるのが困難になることを言います。
老眼を仕方のないものだとあきらめている人も多いですが、その進行を遅らせて、現代の技術で改善することが可能になっています。
話題になっているアイケアを見てみましょう。
何よりも大切なアイケアは、目の疲れを取ってあげることです。
例えば、長時間パソコンを使う人は、意識して、こまめに休憩を取ることが大切です。
このとき、目の筋肉の緊張を解してあげるのが効果的ですので、目を数分間閉じるだけでも、だいぶ違ってくるでしょう。
また、目の周辺を温めて、冷やしてあげると、血行が良くなり、疲れ目にも良い効果が期待できます。
また、水晶体の厚さを調節する毛様体筋を鍛える運動を積極的に取り入れるのもおすすめです。
例えば、遠くのものと近くのものを交互に数秒ずつ見て、眼球をぐるりと回すのも良いです。
このとき、顔が一緒に動かないように気をつけましょう。
アイケアには、十分な睡眠を取ることも大変重要です。
目の疲れを取る一番の方法は睡眠と言っても過言ではないでしょう。
これは、アイケアに限らず、健康的な生活に不可欠なことですが、栄養バランスの取れた食事や、適度な運動も大切です。
目に良いとされる栄養素にはビタミンやミネラルが挙げられます。